木村泌尿器皮膚科

〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央51-1 TEL 045-949-3066

超音波医学会専門医。腎尿管結石・前立腺癌・肥大症の診断が得意です。 膀胱炎・尿道炎・男子不妊症では、院長自身が顕微鏡検査(尿・精液)を行います。 ここは、院長ブログの原稿倉庫です。

前立腺肥大症勉強会@横浜ベイシェラトン


夜間多尿の原因の一つに睡眠時無呼吸症候群がある。

先週土曜日は横浜ベイシェラトンで、 前立腺肥大症勉強会でした。

28階のマンハッタンルームは狭い部屋で、 聴衆は20人ぐらいでしょうか。

主催関係者に、呼ぶ人を厳選したのか尋ねたところ、 4~6階の大きい会場が確保できないことが判明したので、 案内を中止したんだそうです。

苦肉の策でマンハッタンルームに。 最上階に勉強会ができる場所があるのがわかったのはラッキー。 早めに出席の返事をして正解でした。

夜間多尿の原因の一つに睡眠時無呼吸症候群があるとか、 近日発売のザルティアについてとか、 実践的なお話を聞きました。

懇親会になって、講師の先生と名刺交換に行こうとしたら、 私の名前、 そして私が現東大教授と同級生だということも、 知っておられました。

東大出身だと、腐っても鯛。

私の講演「泌尿器科開業のマーケティングとマネジメント」をDVDで見て下さったのだそうです。 「あんな話を聞いたのは初めだ。」と誉めていただきました。 大変光栄でした。

私の講演の内容は大したことないですが、落語で勉強した話の運び方が良かったのかもしれません。

この写真は横浜ベイシェラトンではなく、自宅で撮ったものです。 講師の先生を思い出すためのキーワードが写っています。

最後に、主催メーカーはザルティアではありません。

[木村泌尿器皮膚科公式ブログ]

2014年4月7日の院長ブログ原稿

睡眠時無呼吸症候群で夜間多尿になる訳

睡眠時無呼吸症候群では、気道が舌根で塞がれているため、

肺に空気が入らず、胸腔内が陰圧になり、

その分心臓に下半身からの血液が多く吸い込まれます。

そうすると、利尿ホルモンが分泌されて夜間多尿になるのです。

2021年8月1日


ザルティア関連日記。

2014年4月7日
近日発売のザルティアについて
2014年4月14日
いよいよザルティア
2014年6月4日
ザルティアは14日ごとの通院が必要
2014年6月10日
ニトロ製剤とザルティア
2014年6月27日
血流で過活動膀胱にも効く
2014年7月14日
Tadalafilで男性ホルモンが増える
2014年8月1日
尿流率や残尿量は改善しない。
2014年8月7日
膀胱血流を改善し蓄尿症状も改善
2014年11月12日
大岡越前とレセプト審査
2014年11月29日
パンフの参考文献
2015年5月29日
50歳以上にしか処方できない
2015年6月9日
ザルティア長期処方解禁
2015年6月25日
ディオバンとノルバスクの肥大症には
2015年7月17日
PDE5阻害剤が老化を防いでくれる
2015年12月4日
前立腺肥大症に占める処方割合は15%
2015年12月15日
アボルブからザルティアへの切り替え
2017年11月27日
日本新薬と木村明
2017年12月8日
Webシンポは物足りない
2018年3月22日
ザルティアとα1ブロッカーの併用
2018年6月2日
蓄尿症状より排尿症状に効く

横浜市泌尿器科医会Web Seminar

「Urology Expert Web Seminar」というタイトルのWeb講演会が2021年11月17日(水) 19時から催されたので、自宅で視聴しました。

内容は夜間多尿に関する講義。

藤が丘の教授が座長で、北部の助教が講師。

この先生による夜間多尿の講義は、すでに2度聞いていますが、再度拝聴しました。

最初は都筑区泌尿器科医会学術講演会

2度目はFUF

それ以外にもM3のオンデマンド配信でも。

今回は横浜市泌尿器科医会主催でした。

青葉区・都筑区以外の泌尿器科医も視聴したのかなあ。

Zoomでの配信でしたが、参加者人数は表示されていませんでした。

実は同じ時間に藤が丘の皮膚科教授が座長で、北部の皮膚科准教授が講師の乾癬Zoom講演会も。

同じメアドで参加登録していたので、同時視聴はできず、

北部病院のお二人がおしゃべりになる時間帯に切り替えていました。

2021年11月18日


ミニリンメルトWeb講演会

サンデージャポン

「夜間多尿の診断と治療」というタイトルのWeb講演会が10月17日(木) 19時から催されたので、自宅で視聴しました。

男性における夜間多尿による夜間頻尿治療薬として「ミニリンメルトOD錠25µg・50µg」が最近発売されました。

ミニリンメルトOD錠120μgはすでに数年前から、夜尿症治療剤として処方されています。

添付文書の効能又は効果に関連する注意の項には、

本剤投与は、以下の精査及び治療等を行った上でも、夜間多尿指数(24時間の尿排出量に対する夜間の尿排出量の割合)が33%以上、且つ夜間排尿回数が2回以上の場合にのみ考慮すること。

と書かれています。

処方前に必要な精査・治療、とは、

夜間頻尿の原因が夜間多尿のみによることを確認し、

夜間多尿の原因となる疾患(高血圧症、糖尿病、心不全、腎不全、肝胆道疾患、睡眠時無呼吸症候群など)があることに留意し、

本剤投与前に血圧測定、心電図、血液・尿検査等の臨床検査や問診等を実施すること。

飲水制限などの生活指導及び行動療法を行うこと。

と書いてあります。

内科を標榜していない当院には、ミニリンメルトの処方はハードルが高いです。

2019年10月18日


夜間多尿講演会@m3

2020年10月20日は帰宅後、夜間多尿治療薬、ミニリンメルトのWebinerを視聴。

2020年10月21日


日泌雑誌のミニリンメルト論文

2021年1月号の日泌雑誌が昨日届きました。

昭和大学横浜市北部病院の先生たちが書いた論文

「夜間多尿による夜間頻尿に対する低用量デスモプレシンによる初期治療経験」

が載っていました。

でも日泌雑誌に印刷されているのは要旨だけ。

続きは、日泌ホームページからリンクされた日泌雑誌のPDFで読んでね、とのことでした。

一時的に私のサイト内に張り付けました

読み終わったら削除します。

明日のWEBでの都筑区泌尿器科医会に向けての予習です。

2021年1月26日


都筑区泌尿器科医会学術講演会

2021年1月27日、都筑区医師会館 2階会議室で都筑区泌尿器科医会学術講演会が開催されました。

座 長: 昭和大学横浜市北部病院 泌尿器科 教授 冨士 幸蔵 先生

演題2:「夜間多尿による夜間頻尿の薬物治療」   

講 師: 昭和大学横浜市北部病院 泌尿器科 林 圭一郎 先生

内容はミニリンメルト投与の対象になる病態と、

北部病院での使用経験

会場には、都筑区泌尿器科医会会長と座長・講師の先生と聴衆が2人。

Zoomでの参加が私を含めて12人でした。

5年前に私たちが親娘共演させていただいたときは27人。)

私は当初、閉会挨拶という役目があり、会場参加のつもりでしたが、

緊急事態宣言を受け、Zoom参加に変更。

7日目と1か月目にナトリウムの測定が必要なので、

測定結果がその日にはわからない当院では処方は困難でした。

低ナトリウム血症の副作用で中止になるのは4週間までで、

その後は安全に処方できるとのことでしたので、

北部病院からの逆紹介は受けられるかな、

と感じました。

2021年1月28日