泌尿器科医・木村明の日記

木村顔

腎尿管結石・前立腺癌・肥大症の診断が得意な超音波専門医。

北部病院地域医療連携フォーラム


昭和大学横浜市北部病院と都筑区・青葉区などの開業医との勉強会プラス懇親会。顔が見える地域連携のために年3回開かれます。

木村明

2018年6月29日(金)は昭和大学横浜市北部病院で第12回地域医療連携フォーラムでした。

口腔外科と子供センターのお話が30分ずつで、後は顔が見える地域連携、つまり懇親会。

口腔外科では口腔内粘膜疾患の講義が参考になりました。

当院はすでに男性外陰部以外の皮膚科は専門外と宣言していますが、口の中の潰瘍などについて相談を受けることがあります。

そういう方には口腔外科へ、とお話ししていますが、口腔外科はどこにありますか、とさらに質問されて、歯科でもいいのか、自信がなかったのです。

子供センターの講義は発達障害について。

高齢出産、不妊治療などが、発達障害の原因になりうるとのお話。

さらには原因として列挙された項目に、父親の年齢もありました。

父親の年齢は母親の年齢とは別の、独立した危険因子らしく、精子の中の遺伝子も歳をとるということのようです。

懇親会では前期研修医制度と新専門医制度の関係が複雑でリクルートが大変とか、開業医が悩みもしないことで大学の管理職は苦労していることなどを知ることができました。

西棟の5階から12階までは職員寮で、研修医が暮らしている、というのは初めて知りました。

帰宅したのは10時半ごろでしたが、あまり飲まなかったので、翌日の土曜診療も辛くありませんでした。

2018年7月1日


北部病院地域医療連携フォーラムの1回目の参加記録

2013年2月。

3回目の参加記録。放射線治療装置。

2014年11月。

5回目の参加記録。脳外科と乳腺外科。 2016年2月。

で、以下は第7回の参加記録。2016年11月。


麻酔科医の印象に残らないということは、手術中にご迷惑をおかけしなかった、ということ。

木村明

2016年11月25日(金)は昭和大学横浜市北部病院で第7回地域医療連携フォーラムでした。

まず、北部病院緩和医療科教授の講演。

昔、会ったことがある先生。

記憶をたどり、昭和大本院から東京共済病院に火曜日(泌尿器科のメインの手術日)に麻酔をかけに来てくださっていた先生だとわかりました。

後でご挨拶させていただきましたが、あまり印象には残っていないご様子。

麻酔科医の印象に残らないということは、手術中にご迷惑をおかけしなかった、ということだと解釈。

続いて、都筑区医師会副会長による包括ケアシステムでの病診連携について。

看多機の紹介がメインでした。

懇親会では、11月17日のドクタージェネラルのスペシャル(ジェネラルのスペシャルって?)に出演された先生を探しました。

出席予定にはなっていましたが、いらしていないようでした。

ツーショットをお願いしようと思っていたのですが。

代わりに、ヒーローインタビューっぽいバックの前で自撮りしてきました。

今後、地域医療連携フォーラムネタの時はこの写真を使いまわしします。

2016年12月1日


9回目の参加記録。貧血のお話と肺癌検診のお話。

2017年7月。


女性骨盤底センター開設記念講演会


タイトルは「私が女性泌尿器科にのめりこんだ理由(わけ)」。一つ目のきっかけがStamey手術だった、というのが印象に残りました。

木村明

2019年6月14日(金)は新横浜国際ホテルで開かれた第15回北部病院地域医療連携フォーラムに参加。

2019年4月に赴任された女性骨盤底センターの新教授の講演を聞きに、金曜日でしたが参加しました。

講演のタイトルは「私が女性泌尿器科にのめりこんだ理由(わけ)」。

一つ目のきっかけがStamey手術だった、というのが印象に残りました。

続く祝賀会では、医師会を代表して、都筑区泌尿器科医会会長が祝辞を述べました。

四谷メディカルキューブの名医が、北部病院に来てくれて本当にうれしい、と言った内容で、見事な祝辞でした。

2019年6月15日