link to Kimura's HP

包茎手術(予約制)

Q1.どんな手術ですか?(ここをタップ。)

Q2.手術中の痛み、術後の痛みはありますか?

Q3.手術までに何回通院がありますか?

Q4.初診を受ける場合、診療時間内に伺えばよろしいでしょうか?

Q5.術後の通院は何回程ありますか?

Q6.費用はHPで拝見しましたが97,200円のみでしょうか?

Q7.当方、素人見ですが真性包茎と思い手術先を探しております。

Q8.自分はかんとん包茎だと思うのですが、保険は効きますか?

Q9.手術は予約すれば早く受けられるのでしょうか?


Q1.どんな手術ですか?

A.亀頭を覆っている余分な包皮を切り取り糸で縫う、環状切除術を自費で行います。使用する縫合糸は吸収糸で、抜糸の必要はありません。

日帰りで手術します。月・火・金の午後1時から3時の間に、局所麻酔で行います。予約制です。
手術日は13:00にクリニックに到着するよう、いらしてください。朝食は普通に召し上がってください。昼食は手術後にしてください。
包茎手術の名医
手術は院長 木村明が一人で行います。看護師は立ち会いません。
ラフな服装でいらしてください。緊張のため汗をかかれる方もいらっしゃいます。下着の替え・タオルもご持参ください。

[戻る]


Q2.手術中の痛み、術後の痛みはありますか?

A.麻酔の注射が痛みます。一瞬ですが。麻酔が効いているので、切ったり縫ったりは痛くありません。 ただし、常時亀頭が露出していなかった人は、亀頭が外部に触れるのに慣れていないため、手術中に亀頭を触ったとき、 手術後に亀頭がパンツにこすれたときに痛みを感じます。数日で慣れますが、それまで背筋を伸ばして歩けず、友達に冷やかされるかもしれません。

[戻る]


Q3.手術までに何回通院がありますか?

A.初診1回のみです。診察時間内(平日9:30-12:30、15:30-18:30、土曜日9:30-14:30)においでください。

手術日は13:00にクリニックに到着するよう、いらしてください。朝食は普通に召し上がってください。昼食は手術後にしてください。
ラフな服装でいらしてください。緊張のため汗をかかれる方もいらっしゃいます。下着の替え・タオルもご持参ください。

[戻る]


Q4.初診を受ける場合、診療時間内に伺えばばよろしいのででしょうか?

また、初診の際、受付にて診療内容について話さなければならないのでしょうか?

A.診察時間内(平日9:30-12:30、15:30-18:30、土曜日9:30-14:30)においでください。

受付で渡される問診表の「包茎」に丸をつけて提出してください。
診察した上で、手術予定を決めます。

[戻る]


Q5.術後の通院は何回程ありますか?

A.翌日と1週間後の2回、診察にいらしていただきます。
診察時間内(平日9:30-12:30、15:30-18:30、土曜日9:30-14:30)にいらしていただきます。

万一、手術合併症で、もっと通院が必要になっても、診察料の追加はありません。
ちなみに、溶ける糸がなかなか溶けない、とおっしゃって来院された方がいらっしゃいました。
ご希望であれば抜糸しています。診察料の追加はありません。

[戻る]


Q6.費用はHPで拝見しましたが97,200円のみでしょうか?

A.まず、初診時に初診料(2,820円のうち自己負担分:3割なら、850円)がかかります。保険証をご持参ください。
手術代は、化膿止め、痛み止めの薬代、翌日と1週間後の診察代を含め、 97,200円です。手術日にお支払いいただき、翌日と1週間後には、会計がありません。 支払いはLINE Pay(スマホ決済のみ)でも可能です。
万一、手術合併症で、もっと通院が必要になっても、診察料の追加はありません。
ちなみに、溶ける糸がなかなか溶けない、とおっしゃって来院された方がいらっしゃいました。ご希望であれば抜糸しています。診察料の追加はありません。
包皮輪が狭くてむけにくい場合、高めの料金設定にしているクリニックも見かけますが、当院は勃起時にはむけないぐらい狭い場合でも同じ料金です。

[戻る]


Q7.当方、素人見ですが真性包茎と思い手術先を探しております。

HPを拝見させていただいた限り、真性包茎の場合は保険適用可とのことですが、 保険証と問診表を持って診療時間内に伺えばよろしいでしょうか?

A.横浜市外の方の真性包茎の手術はお受けしておりません。理由は下の漫画。

真性包茎なら、保健適応です。ただ、自分は真性包茎だと思って来られた方で、医学的には真性包茎ではない方が何人かいらっしゃいました。 包皮がたとえ狭くても、亀頭を露出することができれば、真性包茎ではありません。 「勃起しているときは剥けないのですが」と言われる方もいらっしゃいますが、包皮を反転できるかどうかは、安静時の通常の状態での話です。

もうひとつ注意していただきたいのは、真性包茎で一度も亀頭が露出した事がない方は、術後、亀頭が下着に触れる刺激のため歩けず、電車で帰宅できない方もおられます。 タクシー代等、思わぬ出費が必要になることもありますので、横浜市外の方の真性包茎の手術はお受けしておりません。
週刊アスキーのカオスだもんね!の取材でもお話ししましたが、 術後に当院まで来れず、救急車で地元の病院に搬送された方もおられました。その方は術後経過は順調との診断だったそうです。

[戻る]


Q8.自分はかんとん包茎だと思うのですが、保険は効きますか?

A.かんとん包茎とは、

①もともと包皮のリングがかなり狭い人で、
②何かの拍子にむけはしたものの、
③むけたまま放置したために、狭いリングが亀頭を締め付け、
④亀頭から戻る血流が遮断されて、先が腫れて痛み、
⑤元にもどせなくなってしまった状態です。

応急処置として、かんとん包茎整復術(むくんで腫れた亀頭を押さえ込みながら、包皮のリングを元通りに被せる)を行います。
整復できない場合は、緊急手術(背面切開)を行います。
かんとん包茎整復術・背面切開は保険が効きます。

[戻る]


Q9.手術は予約すれば早く受けられるのでしょうか?

A.初診時に手術予定を決めます。診察前に、手術枠を押えておくことはできません。
当院では、月・火・金の午後1時から3時の間に、 包茎・パイプカット・前立腺生検・膀胱鏡検査を予約制で行っています。
金曜枠は3週ぐらい先まで埋まっています。月・火は翌週でも空いていることがあります。
直前キャンセルは困りますので、スケジュール表をご持参の上、予約してください。
もしキャンセルされる場合は、速やかにご連絡をお願いします。

[戻る]


手術を受ける方への注意事項

予約した日の13:00に、クリニックに到着するよう、いらしてください。朝食は普通に召し上がってください。昼食は手術後にしてください。
ラフな服装でいらしてください。緊張のため汗をかかれる方もいらっしゃいます。下着の替え・タオルもご持参ください。

[泌尿器疾患一覧]