泌尿器科医・木村明の日記


メディセオ共感せんべい


MSさんは今大変忙しいようです。新型インフルエンザワクチンを14日(土)までにこのリストに載っているクリニックに届けなければなりませんが、11日の段階では、どのクリニックに何本納品するのか、まだ指示は受けていない、とのことでした。

季節性インフルエンザワクチンについても、クリニックから催促されていることでしょう。

そんな忙しいMSさんが11日にスポイトを届けにきてくれました。

Pict
尿検査に必要なものはこれだけあります。もう一つ、紙コップも必需品です。一緒に写真を撮るのを忘れていました。

注文してからかなり経つのにスポイトが来なかったのです。いつものペースだと今週中にスポイトが足りなくなります。

催促したら、MSさんが11日にやっとスポイトを届けてくれたのですが一緒に、共感せんべいを持ってきてくれました。

Pict
この共感せんべい、某先生のブログに写真が載っていました。

インフルエンザ診断キットを大量に購入している小児科と違い、当院はメディセオとの取引は僅かです。

天皇陛下の骨粗鬆症の報道以来、ホルモン療法の間欠療法に興味を持たれる患者さんがおられ、リュープリンを注射している患者さんが減っています。

患者さんが減ると在庫も減らしますので、メディセオへの注文はさらに減ります。

でも、共感せんべいをいただきました。

なので12日のジョギングは、

まずクリニックに行って、共感せんべいを持って、ライフアンドシニアハウス港北、という順番になりました。

貰い物で親孝行。