泌尿器科医・木村明の日記


医療協@とうふ屋うかい


昨日は診療終了後、ブルーラインと田園都市線で鷺沼へ。

Pict
2年ぐらい前に解約したはずの看板を見て感激。ただし、皆さん、エスカレーターに乗られるでしょうから、階段脇の看板を見てくださる方はいないでしょうが。

Pict
とうふ屋うかいへ。

医療協(開業医の生協)の宴会です。

開業した年に入会。事務員から、宴会には奥様もどうぞ、と言われ、初年度は夫婦で参加。

場所は、青葉台フォーラム。席は理事長と同じテーブル。

夫人同伴は私だけ。

奥様もどうぞ、と誘ってくれた事務員も、夫婦で参加、という返事を出したら、微妙な反応をされていた理由が分りました。

理事長は、都筑区医師会の顧問。

その後、しばらくは、都筑区医師会で会う度に、顧問の先生から「奥様はお元気ですか?」と声をかけられました。

事務長の方が私より社交的ですから。

翌年は一人で参加。場所はメロンディアあざみ野。

青葉区の皮膚科の先生と同じテーブルとなり、その後、青葉区皮膚科専門医医会に招待していただけるようになりました。

去年は新横浜プリンス。自宅と反対方向なので欠席。

昨日は、しばらくとうふ屋うかいで食べていないので参加。

Pict
福引では聘珍樓の食事券が当たりました。

会費は無料。豪華景品はいっぱい。

こんな恩恵に預かれるのは、日々、インフルエンザの診療に忙しくされている先生方のおかげです。

インフルエンザ診断キットなどの購入量は、前年比では異常なようです。

医療協の収益に貢献している、小児科・内科の先生方をさしおいて、こんな豪華景品をいただいてすみません。

来年の秋季大会には、皆さんご参加下さい。