泌尿器科医・木村明の日記


新型インフルエンザワクチン接種について


10月5日の週に、都筑区医師会から、新型インフルエンザワクチン接種に係る業務実施をするかの問い合わせをいただきましたが、当院は手を挙げませんでした。


この書類を読んで、皮膚泌尿器科は対象外だろうと思ったのです。でも、「ただし、」以下を拡大解釈すれば、手を挙げてもよかったのかもしれません。

新型インフルエンザワクチン接種に関して、今、一番新しい情報が書かれたページは、2009年10月23日に更新されたこの神奈川県のページではないでしょうか?

優先接種対象者の中の、基礎疾患を有する方というのが、当院に通院中の患者さんにも当てはまる可能性があります。

慢性腎疾患と悪性腫瘍がそうです。

基礎疾患を有する方のうち、11月中旬から接種を開始するのは「最優先者」のみです。その他の方は12月上旬からの予定です。

最優先に接種する者の基準に当てはまる患者さんは当院にはおられない、と思います。

予定とされている12月上旬までには、情報を仕入れる努力をし、

当院に通院中の前立腺癌の患者さんに、当院で新型インフルエンザワクチン接種をするのか、

手術を受けられた、大病院に紹介して、そちらで受けてもらうのか、

答えられるようにしたいと思います。