泌尿器科医・木村明の日記

百人一首


久々に意欲的な母を見ました。

週1回は母のところに顔を出すことにしています。 先週は火曜日の13時半ごろに行きました。

ちょうど百人一首が始まるところでした。 スタッフからは、「お母様は百人一首をよく覚えておられますね。」と、時々聞かされていました。

お世辞かな、と思っていましたが、確かにまだ上の句を読んでいる段階で取ったりしていました。

6人でやって、取ったのは十数枚ですから、皆で分け合った感じですが、 残り2枚になった時、読み始めとともにすばやく取ったのには感心しました。

下肢静脈血栓症後は、しばらく足を挙上しての安静臥床が長かったですが、 最近はデイルームで過ごす時間も増えて、ADLが改善しているようでした。

2014年10月19日