泌尿器科医・木村明の日記

木村顔

腎尿管結石・前立腺癌・肥大症の診断が得意な超音波専門医。

相模原市皮膚泌尿器科医会学術講演会


多汗症治療に抗コリン剤

2021年2月17日(木)19時20分から相模原市皮膚泌尿器科医会学術講演会をZoomで視聴。

多汗症治療の外用薬として最近登場した「ソフピロニウム臭化物」。

抗コリン作用のあるお薬で、前立腺肥大症と緑内障は禁忌だとか。

緊張した時、手のひら足の裏に汗をかくのは、 ずっこけないためで、

汗腺を支配しているのは交感神経だと思っていました。

なので、多汗症に抗コリン剤が使われるのは、逆のような気がしていたので、

相模原市皮膚泌尿器科医会学術講演会をZoomで視聴しました。

相模原市は皮膚医会と泌尿器科医会が一緒なんですね。

相模原市講演を聴けるのは、コロナ禍のおかげですね。

講師は今は開業医ですが、昔は某大学講師で、

Let's enjoy 皮膚科専門医試験では正解の解説をされていた先生。

多汗症治療には以前から、プロバンサイン(抗コリン剤)の内服治療が行われていたそうです。

2020年に発売された「ソフピロニウム臭化物」は、外用薬という特徴があるだけだったんですね。

2021年2月20日

Zoomで乳児の血管腫


ソフピロニウム臭化物のメーカー主催のZoom講演会。

2021年3月2日(火)19:30 PMから

ZONE dermatologist zoom network in kanagawa CHAPTER4

を視聴。

講演は「乳児の血管腫・母斑治療アップデイト」で、

演者は県立こども医療センター 皮膚科の先生 。

プロプラロールが特効薬として登場した件などを聞きました。

この先生の講演は何度も聞いています。

最も印象に残っているのは、

家族(両親・祖父母)の期待を背負って生まれてきた子供にあざがある時、

そのあざは放置しても消えますよ、とか、治療しましょう、とか、

見通しを的確に示せることはすごく大事、

というお話。

2017年は初孫が生まれた年なんです。

2021年3月6日