〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央51-1 木村泌尿器皮膚科

泌尿器科医・木村明の日記(2016年5月1日)

腎尿管結石・前立腺癌・肥大症の診断が得意な超音波医学会専門医。


原三渓が造った三渓園

政府から払い下げられた富岡製糸場を1902年から38年まで経営していたのは原三渓。


画像は別のサーバーへ預けました

富岡製糸場のガイドさんから、三渓園との関係を聞かせてもらいました。

政府から払い下げられた富岡製糸場を1902年から38年まで経営していたのは原三渓。

製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家です。

4月29日朝、ピステ石打で目覚めたら、まっすぐ横浜へ。

クリニックに車を停めて、電車とバスで本牧にある三渓園へ。

原三渓が作った庭園は広く、きれいで、建築物も内部も素晴らしい保存状態でした。

ランチは園内の待春軒で三溪麺。

800円。

運ばれてきた麺は汁無し。

運んできた職員は、湯呑茶碗の中は昆布茶なので、おそばにはかけないでくださいね、と説明してくれました。

温かい麺にひき肉やキノコでできたあんがトッピングされていました。

麺はラーメンではなく、細いうどん(そーめん?冷や麦?)。

園内で食事できたので、もう一度園内を一周し、三重塔の横の展望台にも上ってきました。


富岡製糸場ピステ石打